窓から断熱「HOTガード」

太陽熱・暖房熱の動き

熱の出入りが最も激しい窓

夏の暑さ、冬の寒さは、窓に左右されると言っても過言ではありません。外気に多く接する外壁や屋根の影響は意外と少なく、大半の熱は窓から出入りしていています。夏は、太陽熱の71%が窓から入り込み、冬は、暖房熱エネルギーの48%が窓から逃げてしまいます。外気に最も触れる外壁でさえ熱の出入りは13~19%、太陽光線を最も浴びる屋根でも熱の出入りは6~9%と、わずかな割合です。



出典:省エネルギーセンター推計

 

なぜ、窓なのか? 空調の仕事を減らすことが最大のポイント

電力消費のうち、空調機器の占める割合が大きいことはご周知のとおりです。この大きな割合を占める空調機器を、いかに効率よく利用できるかが省エネ最大のポイントになってきます。 では、どこを、どのように改善すれば効果があるのか。そのためには、熱の出入りが最も激しい窓に注目しなければなりません。



出典:省エネルギーセンター推計


昼間の10時から16時までのピークカットは「空調」の節電対策が最優先

電力消費のうち、空調機器の占める割合が大きいことはご周知のとおりです。

この大きな割合を占める空調機器を、いかに効率よく利用できるかが省エネ最大のポイントになってきます。 では、どこを、どのように改善すれば効果があるのか。そのためには、熱の出入りが最も激しい窓に注目しなければなりません。

 

コストとCO2削減量

低炭素社会の手法

京都議定書の発効から現在に至るまで、建設、建築分野でも様々な省エネ技術が開発され、商品化され実用されています。その中でも、導入コストとCO2削減効果の関係では、窓ガラス対策が最も優位であることが明らかにされています。

 

コスト比較 ~窓の省エネ商品比較~

省エネリノベーション関連の商品は、以下が代表的なものです。ユーザー様の形態(ビル、マンション、商業施設、一戸建て 等)により選択肢が異なります。

⑴Low-Eペアガラス(エコガラス)に入替えは、商業施設が主ですが、ガラスを破損しない限り工事は殆ど発生いたしません。


⑵内窓サッシ(Low-Eペアガラス)は、マンション、一戸建ての住まい(既製サイズに対応)向けに既存窓ガラスに後付けでサッシ枠ごと窓ガラスを追加し、シングルガラスをペアガラスにします。

⑶遮熱フィルムの中でも、高性能遮熱フィルムは効果は高いですが、ガラスの種類やユーザー様のご依頼内容により、選択に制限が出る場合があります。

⑷他社ガラスコーティングは、施工価格が高性能遮熱フィルム並みでありながら、近赤外線カット(夏のジリジリした直射熱)は、実測すると50%以下のものが多いです。

HOTガードH-SP又はWとは?

窓の熱移動を制御する遮熱・断熱・UVカット 窓ガラス用コーティング剤。

ローラースポンジでコーティングでき、夏の西日対策、紫外線対策、冬の暖房熱の熱逃げ対策として。また、遮熱フィルムの2倍以上の耐久性でとても経済的。大掛かりな工事を必要としない省エネ節電対策、温暖化対策商品です。

 

今ある窓をリノベーション

夏場のジリジリした不快に感じる日射、紫外線を遮蔽し、窓際の直射熱を約8~15℃カットします。また、冬場の心地よく感じる暖かさ、暖房熱エネルギーの流出を抑え、室内の保温効果を高めます。

・近赤外線80%~カット、

 遠赤外線95%~カット

・紫外線99%以上カット(ISO9050基準)

太陽熱カットのメカニズム

★3mmノーマルガラスの熱移動の流れ

太陽直射熱が100%窓ガラスに当たった場合に、反射は7.9%、窓ガラス面で吸収する分が6.4%。吸収分6.4%の内、2/3に当たる4.2%が入射角に対して戻り再放射し、室内側には残りの1/3に当たる2.2%が再放射。反射7.9%と吸収再放射4.2%を合計して12.1%のカットとなります。

★3mmコーティングガラスの熱移動の流れ

太陽直射熱が100%窓ガラスに当たった場合に、反射は5%、窓ガラス面で吸収する分が55%。吸収分55%の内、2/3に当たる36.7%が入射角に対して戻り再放射し、室内側には残りの1/3に当たる18.4%が再放射。反射5%と吸収再放射36.7%を合計して41.7%のカットとなります。

 

HOTガードH-SP/Wの効果

HOTガードWは、内窓ガラスにローラーで塗布するだけで、夏は涼しく、冬は暖かくなります。また紫外線を99%カットし、保温効果で結露抑制効果もあります。耐久性が長い為、フィルムにより費用対効果が高いのが特徴です。ETV(環境省実証認証事業)の試験データで、25~30%の年間省エネ効果が実証されています。

 

 

 

遮熱フィルムとの違い

「貼る」 フィルム「塗る」 コーティング

 

①糊の劣化による剥がれ 

 

-フィルム:糊(のり)の劣化により約5~7年で剥がれや気泡の発生があります。

-HOTガード:15年の耐久性

 ②熱割れ

 

-フィルム:厚さが80μmと厚く、ガラスの伸縮に対応できない為、熱割れしやすい。

-HOTガード厚さが8ミクロンと薄い為、ガラスと追随した伸縮性となり、フィルムよりは熱割れしにくい。

③繋ぎ目ライン

 

-フィルム:規格寸法が決まっている為、大きな窓ガラスではフィルムどうしの繋ぎ目ラインが残ってしまう。

-HOTガード大きなガラスでも繋ぎ目なく、1つの面で仕上がります。

③キズつきやすさ

 

-フィルム:表面の硬さ(鉛筆硬度)がH~2Hのため、傷つきやすい。

-HOTガード鉛筆硬度4Hで、傷が付きにくい。(完全硬化後)

 

他社ガラスコーティングとの違い

【他社コーティング】

☆施工が難しい。☆液だれ、塗り斑が起こりやすい。☆補修・修正が不可。☆膜厚調整が不可。☆剥離が困難。☆技術習得に時間がかかる。☆大きなガラスへの施工が困難(スポンジバー)

【HOTガードH-SP又はW】

☆ローラー施工で簡単。☆液だれ・塗り斑がない。☆補修・修正が可能。☆膜厚の均一化が可能。☆専用剥離剤で剥離も簡単。☆技術習得が早い。☆大きなガラスも施工可。

 

省エネ効果
夏の省エネ効果①

データ収集・試験ブース

同条件の4部屋を設置し、「コーティング無し」 「コーティング有り」の温度測定を行った結果、室内温度(部屋中央部)は、「コーティング無し」との比較で最大3.6℃低下、年間の空調費削減率が28%という結果となりました。(※前提条件として1℃の空調設定温度の変化で省エネ効果10%)施工コストを計算した結果、4.9年での回収が可能と確認しました。

夏の省エネ効果②

施工物件での温度測定 / 大分県 某遊戯施設/喫煙室 【施工日2013年9月18日】

夏は暑くて、喫煙室には誰も入りたがらない。フィルムを貼ってあるが10年が経過し、効果もないことから施工をお願いしたい。毎年、 エアコンを19℃に設定しても、冷えるどころか熱風になってしまう。 なんとかして欲しい。 との、ご要望で施工。施工後、温度測定を実施した。

 

 

~お客様の声~

今までエアコン設定を19℃にしても、暑すぎて入室できなかった室内が、エアコン設定を24℃に上げても涼しいぐらいになり、強烈な遮熱効果を実感した。

*エアコン設定温度19℃ ➡ 24℃でも快適になったことで、5℃の空調負荷軽減(省エネ約30~50%)に成功。

 

夏の省エネ効果③

シンガポール・ゴルフコース / クラブハウス。暑さの本場・東南アジアでも活躍。

温度測定の結果、未塗布ガラス(Low-Eガラス)との比較で窓際直射熱、最大8℃の温度差がでました。空調費の削減率で20%という結果となり、投資回収シミュレートでは、電気料金が高く、施工人件費が安いため、2.03年で回収可能という計算になりました。

コーティングの保証が10年のため、8年以上、20%~30%の大きなコスト削減(利益)が見込めます。(2年で導入コストの回収が終わり、残り8年以上が利益となります)



 

冬の省エネ効果①

暖房熱エネルギー。カナダでの熱逃げ防止効果テスト。

熱源(電球)と、温度計を入れたガラスBOX。コーティングあり・なしを屋外に設置し、それぞれBOX内の温度の推移を計測した結果、コーティングありのBOX内(40W)の温度が一番高く、コーティングなしのBOX内(50W、60W)よりも熱逃げを抑制しています。
コーティングをすることにより、少ない熱量で室内が暖かくなるため、暖房効率が良くなり、省エネ効果が高いことがわかります。

■試験内容:30cm四方のガラスBOXを3体用意し、中に電球を設置した状態で屋外へ設置。内部温度及び外気温を計測。3体の内、1体のガラスBOXには全面ガラスコートを塗布し、電球は40Wを使用。残り2体のガラスBOXは未塗布のまま、50Wと 60Wの電球をそれぞれ設置した。
■期間:2013年11月21日9時17分~13時52分測定
■試験箇所:カナダ・バンクーバー
■外気温  :4℃~5℃、天候は曇り


冬の省エネ効果②

教育施設の省エネ

カナダ・バンクーバーの小学校に施工し、2009~2011年までの空調コストと比較した結果、平均で16%の空調コストの削減効果が実証されました。16%を金額換算すると、年間、5,472カナダドル(約474,200円)の空調コスト削減となるため、減導入コスト(施工費用)が1.97年=2年以内で償却・回収できる計算となりました。(10年以上の耐久性のため、8年は利益となります。)

 

冬の結露抑制

結露=冬の室内結露を50%抑制

結露とは冬場、室内の水分を含んだ空気が窓ガラス面で冷やされ、水滴になることです。コーティングすると、ガラス面が吸熱(熱を吸収すること)するため、ガラス面が暖まり、結露の発生が遅くなります。また、コーティング面自体の保水性が高くなることから、水滴が垂れるまでの時間は、未塗布ガラス=30分に対して、塗布ガラス=104分という結果となっています。

 

メディアでの紹介

テレビ・新聞・雑誌など

遮熱ガラスコーティング業界No.1(業界シェア70%)グループ累計約2万件以上の施工実績。テレビや業界紙でも、数多く取り上げて頂いております。

 

これまでの施工事例

みなさまに選ばれる、信頼と実績のHOTガード

お世話になりました、ユーザー様のご紹介です(ほんの一例) ※順不同・敬称略